一般社団法人宮城県警備業協会青年部は、宮城県内の警備業に従事する若手経営者及び同幹部等の団結、相互親睦を図るとともに次世代の経営者等の育成を目的とし、部員の相互理解の上にたち、探究心をもって想像する活動を積極的に推進するものであり、経済人として高い識見と経営能力の涵養に努め、協会定款に定める「警備業務の適正な運営を図り、もって社会公共の安全に寄与する。」という目的を実践するものである。

About MSSYA activities 青年部の活動について

セキュリティフェア実行委員会

宮城県警備業協会では、警備業界の事や、地域社会の安全・安心の為、日夜奮闘している警備員の姿を県民・市民に広く知ってもらうためセキュリティフェアを開催しています。青年部では毎年セキュリティフェアの企画から運営までを行っています。

コミュニケーションスキルアップ研修

「未来の幹部を育成するコミュニケーションスキルアップ研修」を若手社員を対象とした青年部が主催で行っています。「最高の警備員」というメインのテーマを掲げ、毎回講師の先生をお招きして、警備員にも求められるコミュニケーション力を高めるための研修を行っています。

地域イベントへの参加

青年部では仙台七夕まつりをはじめ警備員としての出動はもちろん、地域のイベントにも積極的に参加しております。七夕には宮城県に住まう全ての人の安全と安心、そして笑顔がこれから1年間ずっと続くことをご祈念させていただきました。

地元の学生との交流

東北福祉大学防犯サークル「TeamZERO」の学生の皆様から安全パトロール時における緊急時の対応などを警備業から学びたいという申し出をいただき交流の場を持ちました。安全パトロール時に不審者に遭遇した際の対処法、及び護身術を実技形式でレクチャー。17名の学生さんたちは熱心に身体を動かして習得していました。

宮城県警備業協会 青年部 Webサイトはこちら