会員のメリット

01信用度がUPする

警備業協会の加盟警備業者として社会的な信頼を受け、対外的信用が一層高められます。営業活動・顧客獲得にプラスになります。

02豊富な情報が得られる

機関誌「宮警協」及び全警協機関誌「セキュリティタイム」が会員には配布される他、警備業界の最新情報も広報されます。また、同業他社との相互理解を深め情報交換し共有することができます。

03会員価格で利用できる

警備員教育や警備員の新任・現任教育及び検定に係る事前講習を会員価格で受けることができます。また、各種教本、出版物、教材、各種申請届出書類用紙などが会員価格で購入できます。

04研修が受けられる

警備員指導教育責任者研修会、経営者研修会、機械警備業務管理者研修会、各種講習会などに参加することができます。

入会金・会費

正会員

入会金:100,000円
月会費:会員の自主申告により前年12月末現在の警備員数に応じて、次表のとおり三つに分けられております。

警備員数
月会費
1人~29人
21,000円
30人~99人
31,500円
100人以上
42,000円

※会費は規程の会費額と災害基金(5%)を合わせた金額となります。

賛助会員

賛助会員の入会金は50,000円、会費は月額5,000円となっております。

入会の手続き

宮警協への入会は、協会事務局へ入会申込書を提出し、総務委員会の審査及び理事会の承認を受けることとなっております。理事会で入会が承認されますと、事務局から入会申込者にその旨を通知し、入会金、会費の納入等以後の手続きについてご案内いたします。

必要な書類

正会員

  • ア)入会申込書(別記様式1号)
  • イ)警備業法第5条第2項に規定する認定証の写、又は同法第9条に規定する届出書の写
  • ウ)会社定款の写
  • エ)会社登記簿謄本の写
  • オ)会社の経歴書
  • カ)入会者の経歴書
  • キ)警備業賠償責任保険(附保証明書)の写
  • ク)労災保険、雇用保険、健康保険及び厚生年金等加入証の写
  • ケ)代表代理届(別記様式第2号 代表代理を定める場合に限る)
  • コ)当協会の会員1名による入会推薦書(別記様式第3号)

賛助会員

  • ア)会社登記簿謄本の写
  • イ)会社の経歴書
  • ウ)入会者の経歴書